« 「どこまでわかっているかわからない。」 | トップページ | 運動が手がかり! »

地域研究会・地域学会をつくりたい。

 私の仕事のひとつに地域に研修会を提供することがあります。

そろそろ5年目になりますが、企画運営にだいぶ慣れてきて地域からも期待感を持って参加してくれるようになってきました。

支援者を支援することで地域全体の高まりをという趣旨です。

提供される内容はいろいろですが、基本的にはあくまで支援技術の提供です。

利他的な仕事であっても自分に興味や動機がないと続かないものなので、企画の趣旨は自分が知りたいことを研修で掘り下げる、自分のネットワーク作り、情報収集という側面も強いのかも知れません。

5年もたったんだから…と思うこともあります。もっと能動的な学びを…参加者の積極的な反応を等と。けれどもやはりまだまだ啓発型の提供型の研修メインなんだろうなと感じています。

 一方で、深まる場の欲しさもあります。まだまだ啓蒙期だからこそ熱意を持っている専門家がつながる場所が必要です。苦しい時期に支え合う機会。前の記事にある学齢期の研修会はそんな方向性を帯びてきました。

そろそろ自分が事務局として企画提供する場だけでなく、世話人が集まってきて試行錯誤する場を持ちたいなあと思いはじめてきました。本年度はちょっとよそで熱心な学びを提供している研修会の講師もします。そういう機会を利用して地域で自主学習会を開こうという提案をしていこうかなと思っています。

研修会事業の行く先、自主学習会の行く先は地域研究会・地域学会であったらうれしいなあと思っています。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 「どこまでわかっているかわからない。」 | トップページ | 運動が手がかり! »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/29860222

この記事へのトラックバック一覧です: 地域研究会・地域学会をつくりたい。:

« 「どこまでわかっているかわからない。」 | トップページ | 運動が手がかり! »