« クラス・授業作りのスペシャリティーを高める。 | トップページ | 家族を責めない »

療育システムの危機

  何故かあんまり話題にされませんが、発達障害ケースの増加で療育システムが危機に瀕しています。

療育システムとは健診などで障害を早期発見し、フォローしつつ療育等への早期支援へとつなぐ市町ごとの流れと体制のことです。

健診後の最初のフォローをする場を一次療育といいます。そこへの参加者が増えています。

ケースが多くなり、ここに呼ばれることイコール発達障害サスペクトになってしまっています。

また、丁寧なケアができない為に、なぜそこに呼ばれているか御家族に問題意識を投げかけ深められないのです。

そうでなくても発達障害の特性と最近の子育て状況から御家族との共同歩調はしにくいです。

そんな訳で早期にチェックされているこどもたちですが、支援がなされるのは問題が顕在化してくる入園後3歳以降になってしまっています。

いちばん大事で、ひょっとしたら育てにくい2歳前後が発見されながらも支援されないで置き去りにされてしまっているのです。

また、療育施設も定員を充足してしまっています。

支援ができない早期発見はまったく意味がありません。枠組みの再構築が必要です。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« クラス・授業作りのスペシャリティーを高める。 | トップページ | 家族を責めない »

支援現場の状況を巡って」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/30123287

この記事へのトラックバック一覧です: 療育システムの危機:

« クラス・授業作りのスペシャリティーを高める。 | トップページ | 家族を責めない »