« つながり | トップページ | ケース会議の方法論 »

やるべきこととやってもらえること

 ある論文を読みました。巡回相談の先生の調査です。

提案した内容に明らかにやってもらえる内容とそうでない

ことがあるとのこと。

授業の中でとか、クラス全体に対してという項目は実施率

が高いのに対して、個別の配慮や支援ツールを使って等

はなかなか難しいようです。

そんな訳で授業、クラス作りも含んだユニバーサルな教

育をというのが最近の大きな流れですが、ちょっと解せない。

巡回相談等で提案することはやってもやらなくてもいいこ

とではありません。もちろんできそうなことを提案しなければ

なりませんし、やったほうがいいこととできることは違う。

最近、思うのです。

結局、学校・支援者の都合のいいように聞かれてしまうこと

があまりに多いと。一見熱心にみえても現場に伺うとなんにも

していない園、学校等みると「勉強した気になっているのでは?」

「配慮した気になっているのでは?」と考えてしまうのです。

 まだまだ啓蒙期です。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« つながり | トップページ | ケース会議の方法論 »

支援現場の状況を巡って」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/30366966

この記事へのトラックバック一覧です: やるべきこととやってもらえること:

« つながり | トップページ | ケース会議の方法論 »