« 学びの場をつくるポイント⑦―そして― | トップページ | そうだったのね… »

怒りで表現する子

 思うようにならないとかんしゃくを起こすおこさんと

出会いました。

ちょっと思うようにならないとすぐ物に八つ当たり。

感覚の過敏性も強いようですし、一番病もそこそ

こみえていて…

 でも、みんなのやっていることやりたい気持ちがあり

ます。よくお話を聞いてくれます。そんな姿はとても

期待が持てます。がんばりたいからこその怒りです。

すぐに怒っちゃう子ですが、ヒトには手を出しません。

これは素敵な所で、うまく関わっていきたい思いの

みえる所です。

 ・まずは大人との関係を作りたい。

 介入も受容も豊かなにできる大人との関係。

 ・怒りのコントロール

 大人が一緒に沿ってくれる

 よい表現を教えて

 立ち直りを支える

 時にはダメなものはダメ

 ・過敏性へのチャレンジ

 尊重とともに大人と一緒に挑戦

 この子はきっと過敏性が強いために関係性の構築が

表面的になってしまっているかもしれません。

怒っちゃう子だからこそ踏み込んでいってあげたい。

周囲は集団へ向かう発達に向かっています。

その中でボクモ!という育ちがみえています。

だから今がチャンスなのだと思います。

御家族が思うよりけっこうやりそうな、楽しみな

おこさんの姿です。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 学びの場をつくるポイント⑦―そして― | トップページ | そうだったのね… »

幼児期の支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/30837426

この記事へのトラックバック一覧です: 怒りで表現する子:

« 学びの場をつくるポイント⑦―そして― | トップページ | そうだったのね… »