« ひとこと | トップページ | 最近は… »

SSW

 来月スクールソーシャルワークの研修会を開きます。

昨年度から文科省はスクールソーシャルワーカー活用

事業というものを開始し、各地域でワーカーが配置され

はじめています。

学校でのこどもへの直接的な教育活動だけでは対処

できないこどもの困難へのアプローチとして、学校にも

ソーシャルワーク、ワーカーを導入して家庭などこども

のまわりの環境に働きかけていこうということです。

端的には虐待対応が問題意識になっているようです。

先日打ち合わせに行くと、担当の先生が「学校はこども

中心の視点でものを考えるできない傾向があって困る。」

と仰っていました。現場からの自己批判に驚きました。

またまた新しい事業!という批判があるかもしれませ

んが、今までやってきたことを新しい切り口・概念で整理

し深い取り組みに変えていくことには意味がありそうです。

 こどものために家族にアプローチしていくのは必須の

時代ですね。

文科省のHPに「スクールソーシャルワーカー実践活動

事例集」が掲載されていて参考になります。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« ひとこと | トップページ | 最近は… »

学齢期の支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/31295493

この記事へのトラックバック一覧です: SSW:

« ひとこと | トップページ | 最近は… »