« 相談員のメンタルヘルスに思うこと | トップページ | 障害者自立支援法廃止 »

性教育

 性教育の講義を聴きました。

思ったのは、「性」そのもの以前の「関係性」の大切さ。

「自分を大切にする。」「相手を大切にする。」ということ

がまさに問われるのですから、思春期以前にその点に

ついてどう過ごしてきたかがけっこう反映されるのでは

ないかということ。そして、性教育そのものにあっても

セックス周辺の教示ではなく、結局はそのあたりを

どう支えていくかが肝なのだろうということ。

 あとは常についてまわる「性」を「教えること」の抵抗

感をどう乗り越えていくかということ。

「性」は教えられるだけでなく、サブカルチャーや友人

との関係性、自分の身体と対話する中で深めていく

ものでもあります。そのウエイトがけっこう大きいので

「教える」というオフィシャルな行為をとらねばならない

時に違和感や抵抗感を感じるのだと思います。

例えば、男の子のマスターベーション、オナニー。

精通以降、男の子にとっては理屈は関係なしに

「いかにおちんちんを触るか?」がテーマになってき

ます。男性の性衝動は直線的な上に、性機能はこの

時期劇的に発達し、しかも極大からスタートするもの。

友人と対話したり、いろんなものから情報を得ながら

おちんちんを知り、触って出して何かが深まっていき

ます。男子にとっては、性は価値や方法であると同時

に時に処理する物でもあり、楽しみでもあります。

それを簡単にオフィシャルな一面的な「教える」という

行為だけで学び取ることは容易ではありません。

難しいです。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 相談員のメンタルヘルスに思うこと | トップページ | 障害者自立支援法廃止 »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/31445356

この記事へのトラックバック一覧です: 性教育:

« 相談員のメンタルヘルスに思うこと | トップページ | 障害者自立支援法廃止 »