« 最重要課題 | トップページ | 「ぼよ~ん」と »

支援の2つの方向性

 自分の仕事のありようと方向性ってどんなもんだろうと

振り返ってみました。

・より個別的にしていく分野

 おこさんと御家族への支援は個々にあわせてより

個別的にしていくべきものかなと思います。

「発達障害って」よりは「おたくの○○ちゃんは」を豊か

に語ってお手伝いしていかねばならないのでしょう。

・よりシステマティックにしていく分野

 一方、支援者への支援は個々の支援者と地域が

自立的に動いてくれるようにしたいと思っています。

わたしひとりが忙しくならないように。

今、2つの地域に提案をしようとしています。

支援者自身が動き出して地域の力を高めるための

提案です。

こどもを支える場を地域の現場をつくる。

現場の中で確実に支援できるしくみをつくる。

そんな所です。

個別化と一般化。

具体的に語れること、お手伝いできること。

システムや地域が動くしくみを提案できること。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 最重要課題 | トップページ | 「ぼよ~ん」と »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/31711297

この記事へのトラックバック一覧です: 支援の2つの方向性:

« 最重要課題 | トップページ | 「ぼよ~ん」と »