« がんばりすぎとがんばらなすぎ | トップページ | 傍目とは違います »

戦略会議

 ある会で巡回相談の戦略会議をしました。

その中で大事だったのが、巡回相談を受ける担任の姿

です。

このケースは端的に担任の理解を切り開いて、よき支援

を構築してほしいという無理無体なご注文のようですが、

そうでなくても「ヒトをみて法を説け!」というのは重要。

 ・この子の困難は担任にどううつっているか?

 ・巡回相談をうける担任の心情は?

 ・それを受けて提案できる支援のありかたは?

 ・もちろんそれはやってくれそうな内容を、受け入
れて
くれる言い方で。

実はこどものアセスメントをして支援を提案することだけで

は巡回相談はなりたたないのだと改めて気づきました。

内容だけでなく相手に届くためのしつらえの大切さ。

なんだかこの戦略会議、犯罪捜査のプロファイリング

に似ていてちょっと不思議な感じでしたよ。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

 

|

« がんばりすぎとがんばらなすぎ | トップページ | 傍目とは違います »

学齢期の支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/31944021

この記事へのトラックバック一覧です: 戦略会議:

« がんばりすぎとがんばらなすぎ | トップページ | 傍目とは違います »