« 強めの介入のポイント | トップページ | 支援の2つの方向性 »

最重要課題

 ふと気が付いたのです。

我々毎日いろんな模索をしていますが、最も重要な課

題を忘れていました。

それは「ほめ方の研究」だと思うのです。

ほめ方のレパートリーを整理して持っておく必要があり

ます。成功体験を用意するという意図と連動して、その

結果をちゃんとこどもに伝えなければならない。

というよりも、行為は褒められなければ成功体験には

なりえません。

例えば

・言語的に賞賛する。

・感心する。

・感謝する。

・励ます。

・トークンエコノミーで視覚的にほめる。

・喜ぶ。

・抱きしめる。

・第3者にも伝えてわかちあう。

・ごほうびを与える。

等々もっともっと具体的にはありそうです。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 強めの介入のポイント | トップページ | 支援の2つの方向性 »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/31696895

この記事へのトラックバック一覧です: 最重要課題:

« 強めの介入のポイント | トップページ | 支援の2つの方向性 »