« みることを支える | トップページ | 「連携」ということば »

支援者の資質と育ち

 若いスタッフを注意しました。

明らかにこどもが理解できない要求と指示をし、その

前の流れもあってパニックになりかけているのにさら

にこどもを追いつめているのです。

と書くと、彼女がこどもを悪意があっていじめているよ

うですが、懸命にそれをやっているので困ったものな

のです。

 支援者というものの大事な資質はなんだろうと考え

ています。

それは「相手にあわせる力」なのだろうなと思います。

ひとりひとりのあらわれ、発達段階、困難が違うのだ

から関わる瞬間瞬間にアセスメントをして、試行錯誤

をして想像力豊かに関わっていく。

そして、「相手にあわせる力」を自分の中に育てたい

という願いがそもそもあるかということももあるはず。

正直、支援者にも向き不向きがあります。

これを乗り越える支援者としてやっていきたい熱情が

あるかないかは重要です。

ここからはおじさんの愚痴ですが、件の彼女には

そもそもそこが足りないのかも知れません。

そして、おじさんは毎月山のように本を買って試行

錯誤しているというのに、勉強している風でもなく…

不器用なので成功した方法に固執したり、おじさん

の経験あってのスキルを表面的にまねしたり…

彼女に何をしてやったらいいのかちょっとわからん

のです。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« みることを支える | トップページ | 「連携」ということば »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/31802838

この記事へのトラックバック一覧です: 支援者の資質と育ち:

« みることを支える | トップページ | 「連携」ということば »