« 療育モデル | トップページ | 勘違い »

「動線」の大切さ

 こどもの動線の大切さを実感しました。

遠足でのことです。

斜面のすべり台を楽しんでから昼食ということになりました。

昼食場所をロケーションから斜面の頂上にしました。

すると、すべり台遊びから昼食への移行にひっかかってしま

うこども数名。

ごはんだよ。の絵カード持って行くこと必要だったのかもしれ

ませんが、すべり台の下でごはんにして食べ始めていれば

ごはんの景色がみえて滑らかに移行できたはずです。

 動線の大切さは、動いていった先にそんなに考えたり、バイ

タリティを使わなくてもすべき事やクリアしなければならないこ

とがあり、それが達成できることだと思っています。

見ればわかる、行けばできる景色を作り出しておくこと。

ちょっと失敗しました。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 療育モデル | トップページ | 勘違い »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/32168184

この記事へのトラックバック一覧です: 「動線」の大切さ:

« 療育モデル | トップページ | 勘違い »