« おとなの発達障害 | トップページ | 多動性衝動性は授業、教師次第 »

保健の先生

 年明けに養護教諭の先生達の研修のお手伝いをする

ことになり、打ち合わせをしました。

その趣旨が実に的確でちょっと感銘を受けました。

・こどもの様々な困難の根底に発達障害があること
がわかってきたのでその理解と対応を学びたい。

・そのこどものあらわれも多様になってきたのでその
意味や理由を知りたい。

 学校全体ではひょっとしたら「発達障害とは?」がまだ

まだ必要な時期ですが、深い実践をしておられる保健の

先生方の問題意識の高さに驚きました。

実際に保健の先生は校内のこどもの全体像を把握して、

学習や参加の場面以外でこどもを捉える役割を果たして

います。特別支援教育Co.が表のCo.ならサブコーディネ

イターとでも言えるでしょうか。

また、学校の中で学習や評価など学業の外にいる唯一

のスタッフとしてこどもとの関係を別次元で結ぶことの

できる大事な役割を果たしています。

特別支援教育以前から不登校などへのアプローチで豊

かな実践を重ねていますが、最近は特別支援教育の影

に隠れてしまっているのが残念です。

 打ち合わせではかなり多角的にこどもを捉える場にな

りました。

先生達のことばで興味深かったのは、

 「自分たちだけでこどもとケースの話をするとどうも
困難事例ばかりで共感はしあえるが前向きな方向性
になって
いかないのでそれをクリアにする研修会にし
てほしい。」

ということ。

大賛成だったので研修の目標を「終わりを明るく!」にしま

した。

ただよく考えてみると、かなり難しいです。

でも問題解決志向、大切です。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« おとなの発達障害 | トップページ | 多動性衝動性は授業、教師次第 »

学齢期の支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/32452364

この記事へのトラックバック一覧です: 保健の先生:

« おとなの発達障害 | トップページ | 多動性衝動性は授業、教師次第 »