« 「有るもので勝負!」 | トップページ | ベテランのつぶやき »

中学生に必要なこと

 ケースのまとめやら、いろんな資料を繰る作業をしていて

気づいたことです。

中学生への支援のことです。

ひとことで特別支援教育といっても小学校のそれと中学校

のそれとは別のしろものであると私は思っています。

思春期になると、障害の影響よりもどう過ごしたかの影響

がかなり顕著になります。もともと持っている特性はどちら

かというとそんなに目立たなくなる。

そして、自己が育つ時期になってきます。

高学年以降は心の理論課題を通過し、他者の視点や自己

対象化できるようにこの子たちもなってくるといいます。

パースペクティブの成立とでもいうのでしょうか。

そこで「みんなと違う自分」「うまくいかない自分」に気づく。

そうなのです。

この時期、自分の特性理解や障害理解受容に方向づ

けたい。

大人はかなり気をつかいますが、こどもは知りたい情報なの

で案外サッと入っていくようです。

そして、大人が思っているより予備情報もあって「知ってい

たよ。」なってことも少なくないようです。

うまくいかない自分だけど大事な自分。大事なあなた。を一

緒に、遠くから援助しながらつくりあげていくシーズン到来なの

でしょう。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 「有るもので勝負!」 | トップページ | ベテランのつぶやき »

学齢期の支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/32953876

この記事へのトラックバック一覧です: 中学生に必要なこと:

« 「有るもので勝負!」 | トップページ | ベテランのつぶやき »