« 1年生になるのだけれど… | トップページ | 帰り道のトラブル »

入学準備というものがあるとすれば…

 前回の記事の続きかも知れません。

ちょっと前に似たことを書きましたが、年長さんの秋以降入

学前につけておきたいとは?とよく問われます。

本質的にはそんなのない訳で、答えるべきでもないのだと

思いますが最近はそうはいってもいくつかあげるようにして

います。

あげてみて分かったのは結局は入学準備以前に育ちを押さ

えた支援がしっかり必要だということでした。

通常の学級、特別支援学級でなんとか過ごせる土台となり

そうなことあげてみます。

・援助を求めるスキル
 
これは特に重要だと思います。~できる、わかるは正
直能力差はあります。届く所はそれぞれ。とにかく大人
に動機があり、困ったら困ったと言えて援助を求めるこ
とができるとたいていのことは助けてもらえるのです。

・なんとか生活をマネジメントする力
 
まあ、身辺自立ができていること。
具体的には繰り返しの手続きは場面や状況ができれば
ひととおりなりたち、3~5つ程度の手順のあるプロセス
もこなせること。
具体的な経験のある動作なら言語的指示でやり遂げら
れること。
自分の物の管理がまあできること。
細部の仕上げや注意喚起は必要でもなんとかやっていけ
ること。

・本人に添った伝え方をすれば短時間の「みる、まつ、
きく」がとれること。
 
言葉だけに頼りすぎず見ることにも支えられ、注目集中
しやすい環境が与えられ、適切なプロセスやステップが用意
されれば、活動への動機があり、まあ参加できること。

どうでしょう?

全部、基盤となる育ちは年長さん以前の深い所で用意さ

れていなければならないものばかりです。

関係への意思、生活への意思がちゃんと育つ保育をする

こと。これが入学準備だと思います。

 そして、最も大事なのはどんな子でも年長さんの成長が

あるということです。重い子でも重い子なりの年長さんの成

熟が必ずどこにもあります。それは確か。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

 

|

« 1年生になるのだけれど… | トップページ | 帰り道のトラブル »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/32889568

この記事へのトラックバック一覧です: 入学準備というものがあるとすれば…:

« 1年生になるのだけれど… | トップページ | 帰り道のトラブル »