« システムの違いは子育ての違いになっているか? | トップページ | 癒しながら育てる »

ABAを生かして個別のプランをつくる

 個別のプランつくり、苦慮してませんか?

どんなフレームがいいか。アセスメントや切り口はどのよ

うに?難しい所です。

ちょっとひらめいてABA(応用行動分析)を生かしたアセ

スメントをし、そこからプランにつなげる様式をつくってみま

した。ちょっと試行錯誤してみようと思います。

思い立ったきっかけは、プランを立てるという作業は具体的

でなければならない、行動目標を立てねばならないというこ

とからです。「できる」目標で、評価できる方法にむかうもの。

例えば、「かけ算九九ができる」じゃなくて、「2の段の暗唱が

できる」でなければならないのです。実に行動分析的。

だったらアセスメントからABAのエッセンスをつかい、やって

みてはどうかと思ったのです。

2種類考えました。

ストラテジーシートをそのままアセスメントにして、行動問題

解決プランをたてる様式。

行動をよい行動・増やしたい行動、減らしたい行動、無くしたい

行動にわけて、それを分野毎にアセスメントして、発達的領域的

なプランを立てる様式。

なんてこと書いてもイメージ湧かないのでホントは様式乗せるべき

ですが、ちょっと試してみて効果があったら載せます。

どうでしょうか。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« システムの違いは子育ての違いになっているか? | トップページ | 癒しながら育てる »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/33237842

この記事へのトラックバック一覧です: ABAを生かして個別のプランをつくる:

« システムの違いは子育ての違いになっているか? | トップページ | 癒しながら育てる »