« 昔の理論が育ちを明らかにする | トップページ | 格闘中! »

年度末の巡回相談

 巡回相談に伺いました。

 何か気になるという感じのこどもたちばかり。

集団には担任の配慮やクラス作りがあれば乗れない訳で

はありませんが、学力の問題があったり、友人関係ではト

ラブルが少なくなかったり…

 コーディネーターや担任の先生と話したのは…

・特徴的なこどもへの対応は何となくおさまり、今日の
ようなケースに目が行くようになったのはクラス作りや
担任の格闘の成果といえるのではないか。
また、特別支援教育のガバナンスができているこの
学校の今だからケースとして出てくるこどもたち。

・境界知能で、低学力といったタイプのこどもたちを支
えるのは果たして特別支援教育の枠組みなのだろうか?
抽出も容易ではない中ではやはりわかりやすい授業と
クラス作りで支える他はないのであろう。

・就学指導にむけた方がいいこどもも居る。
手続き的には微妙な時期だけど、家族のタイミングが今
なら支えは続けていこう。

・クラスつくりと絡めて
「特別支援教育の先生は個への対応はヒントをくれるけ
ど関連するクラスのこどもたちの反応へのヒントはくれない。」
これは我々への注文。

・ベテランの気づき
「特別支援教育が始まってから個に焦点が当たったけど、や
っぱりクラスと授業が大事なんだよねえ。」

けっこう示唆の多い年度末の相談でした。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 昔の理論が育ちを明らかにする | トップページ | 格闘中! »

学齢期の支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/33438439

この記事へのトラックバック一覧です: 年度末の巡回相談:

« 昔の理論が育ちを明らかにする | トップページ | 格闘中! »