« けっこう深かった-インクルーシブ- | トップページ | あいつはどう思っているだろうか? »

特別支援教育はインクルーシブか?

  特別支援教育を語るのにインクルーシブの言葉を使うこ

とがあります。厳密にいえば違うのでしょうね。

でも、大事な入り口を開いたのは確かなことです。

あるタイプのこどもはみんなの中で過ごすべきで、集団の教

育自体を変えていこうという大きな思潮を導いたのですから。

ただまだ障害のある子は別な所へという対応はあります。

就学指導で対応しようという学校も少なくなく、難しい所です。

また、高機能だけど過敏でかたくて参加が難しいおこさんに

とってどうするのが幸せかという悩みもあります。

私は分離教育も必要な資源と方法と考えています。

発達段階と特性にあった学びの場の確実な保障は必要だと

思うのです。集団はその力動がエネルギーと資源ですが、そ

れだけでは保障できないものもあります。

日本の問題はまだまだ集団か個に即したかどちらかを選択し

なければならないことです。

われわれは幼児期の支援で並行通園モデルを実施しています

が、発達保障の観点でも家族の願いの観点でも集団(地域)と

個に即したの両面保障は意義が深いです。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« けっこう深かった-インクルーシブ- | トップページ | あいつはどう思っているだろうか? »

学齢期の支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/33674420

この記事へのトラックバック一覧です: 特別支援教育はインクルーシブか?:

« けっこう深かった-インクルーシブ- | トップページ | あいつはどう思っているだろうか? »