« 支援員さんへの支援 | トップページ | 示唆的な巡回相談 »

お手柄と責任

 ある発達障害のおこさん。

春のお休みをはさんで劇的な変容をしていました。

援助や許可を求めるスキルを身につけ、自己コントロール

の言葉を言えるようになっています。

なぜ、こんな風に変わったのか不思議です。

よく勝負の世界で言います。

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。」

なんだか一緒です。

こんな時に思います。

こどもが変わった時は、こどもの持っている力。

こどもが変わらないのは、支援者の責任。

こんな風に感じる癖をつけときたいなと。

ヒトは勘違いする。お手柄を求めたがる。

でも、それに思いを強くすると、支援が自分のためのもの

になりさがる。

何回目かの新年度もひとつきを過ぎようとしています。

こどもは変わるときにはお休みでも何でも変わる。

このケースの姿を思うと、このこどもたちのきらめきに接す

ることのできるこの仕事ますます好きになります。

この子たちもますます好きになります。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 支援員さんへの支援 | トップページ | 示唆的な巡回相談 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/34360957

この記事へのトラックバック一覧です: お手柄と責任:

« 支援員さんへの支援 | トップページ | 示唆的な巡回相談 »