« 疑似体験 | トップページ | 現場の甘え癖 »

4月の空

 本年度1回目の事例検討会。

事例にあがるようなケースではありながらもスタートをうま

く運ばせてあげようという園の配慮や前年度を受けた新

年度の見通しがひしひしと感じられるようでした。

トラブルの多い個ながらもそのトラブルに本人なりの意味

を見出そうとする姿。

参加が容易でないこの個をどう参加に向けていくのかとい

う作戦会議になりました。

 ちょっとだけ講話。

今年度、私はインクルーシブ押しなので先の事例にからめ

て、この個に集団の参加を求めるだけでなくこの個ができ

る活動をつくりだすことこそインクルーシブと話しました。

終了後アンケートを読むと抽象的な提案にもかかわらず、

インクルーシブの価値は伝わったようでした。

新年度始動直後、4月の春の空の中でどの現場でも考え

ていることがあります。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 疑似体験 | トップページ | 現場の甘え癖 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/34220591

この記事へのトラックバック一覧です: 4月の空:

« 疑似体験 | トップページ | 現場の甘え癖 »