« 虐待ケースの育ちの支援のための研修会 | トップページ | SSTとクラス、仲間 »

なんでも「通級」で大丈夫?

 ある町の就学関連の会議でのこと。

通級教室の枠が拡大したのでなんだか浮き足だっている

ような印象がありました。

疑問に思ったこといろいろ

・どうもちょっと大変な個には個別支援が必要で、校内で
はそれができにくいの通級教室にそれをやってもらおうと
思ってるんじゃないの?

・通級の時間は多くなく、期限だってある。
通級以外の集団の中で、学校の中で何を保障するのか?

・通級のカリキュラム、支援ってそんな万能じゃないはず。
SSTやればトラブルなくなる?
個別の学習支援すれば補いになる?
本当に?頻度が少ないのに?
あのスタッフで?(これは余計…)

特別支援学級が拠点校配置になったこの町では、代わり

の都合のよい受け皿が通級指導教室に捉えられている印

象があります。大丈夫?

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

 

|

« 虐待ケースの育ちの支援のための研修会 | トップページ | SSTとクラス、仲間 »

学齢期の支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/34581564

この記事へのトラックバック一覧です: なんでも「通級」で大丈夫?:

« 虐待ケースの育ちの支援のための研修会 | トップページ | SSTとクラス、仲間 »