« 知らないだけ… | トップページ | なんでも「通級」で大丈夫? »

虐待ケースの育ちの支援のための研修会

 夏にセミナーを開きます。

その打ち合わせに児童相談所に行ってきました。

表題のような研修会を開きたいとお願いしてきました。

通告の重要性はもちろんあるのだけれど、現場での発達

支援の方法論について学ぶ場をつくりたいのだと。

よくわかっていただいて、ケースの状態像を段階化して仮

想事例による事例検討をすることなどメインにやってみよう

ということになりました。

通告が必要なケースは重篤なケース、そこまで行かないけ

れどそれなりに行動化していて参加が難しいケースという

ような分類して考えていこうということです。

 サマーセミナー、今年のチャレンジなのですが、啓蒙啓発

を越えて実践的なテーマでやろうと考えています。

もう発達障害とは?虐待とは?はいいよね。

そこの基本は支援者自身が学ぶことだよね。

やっているヒトが突き当たる問題を解決するための手だてを

考えようよという企画方針です。

児相のスタッフもそこには呼応してくれました。

やってみます。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

 

|

« 知らないだけ… | トップページ | なんでも「通級」で大丈夫? »

支援現場の状況を巡って」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/34564424

この記事へのトラックバック一覧です: 虐待ケースの育ちの支援のための研修会:

« 知らないだけ… | トップページ | なんでも「通級」で大丈夫? »