« 初期発達をめぐるいくつかのことば⑥ | トップページ | 改善の視点 »

スタートをかえたい!

 2つのケース会議で似たようなお尋ねがありました。

「うまくいく言葉かけを教えて欲しい。」よくあるお尋ねで特

段珍しくはないと感じると思います。

 でも、思ったのです。

これはやっぱりまだまだなのかもしれん、啓蒙啓発が…

というのもこの質問の前提は、基本的にはこどもが言葉

による発信を受け止める力は持っているという理解に基づ

いています。

果たしてどうか?

発達障害を抱えたこどもたちの認知特性を改めて振り返っ

た時に、言葉の内容理解・言語的指示の量的理解・言語的

指示理解の記憶保持がとっても難しいのです。

わかっているはずでいい言葉がないからうまくいかないという

のは、当たらないと思うのです。

支援者がまだまだ言葉に依存した支援をしているということか

なと思いました。

私は最近、ことばなんか当てにならんと思っています。

同じ意味内容でも、この子たちにとっては伝え方によってはまっ

たく伝わらないのです。そういう認知特性です。

「お話しないで!」ではまったく伝わらない子に「お話ししません」

の絵や文字がピタッと入っていく。

「うまくいく伝え方を探して欲しい。」

冒頭の質問のこたえです。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 初期発達をめぐるいくつかのことば⑥ | トップページ | 改善の視点 »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/35515298

この記事へのトラックバック一覧です: スタートをかえたい!:

« 初期発達をめぐるいくつかのことば⑥ | トップページ | 改善の視点 »