« 初期発達をめぐるいくつかのことば⑤ | トップページ | スタートをかえたい! »

初期発達をめぐるいくつかのことば⑥

 おおよそ1歳過ぎになると、「提示・手渡し」ができるよう

になります。

「ちょうだい。」に応答した提示・手渡しと自発的なものです。

相手に呼応する力と相手と共有したい気持ちのめばえです。

文字通りのやり-とりですよね。

 発達課題を抱えたこどもたちはそう簡単に物をくれない。

どうもこれは経験的にも感じます。

どうしているか?

みなさん、やっていると思いますが、もらいたかったら、あげ

るという行為、動作が必要な気がします。

やりとりの→←、行ったり来たりがみえるように、経験的に伝

わるように、言語と行為が結びつくようにしたいもの。

情緒的な語りをすると、たくさんもらった子はくれる気がします。

発信が弱い子たちです。欲求の実現や充足場面は少ないの

かもしれません。もらう量は少ない。

こっちからどうプレゼントするか。

これは吟味の余地が大いにあります。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 初期発達をめぐるいくつかのことば⑤ | トップページ | スタートをかえたい! »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/35515257

この記事へのトラックバック一覧です: 初期発達をめぐるいくつかのことば⑥:

« 初期発達をめぐるいくつかのことば⑤ | トップページ | スタートをかえたい! »