« うまくいきませんでした。 | トップページ | 早期発見、早期支援を深く見る »

もう一声の理解と支援

 ある幼稚園訪問でのこと。

たくさんのケースがあがりました。

①年少さんでなかなか参加しにくくひとりの世界に没入し
がち。キャラクターになったり、自由画帳にはいっぱいの
アルファベットが…
             ↓
 知的に良好で、文字や視覚的にものに対する感度が
よいのならこれを生かして伝えましょうと助言しました。
             ↓
 担任Tの感想
 「(ABCの羅列をみつつ、)あまりに極端なあらわれなの
でどうして止めさせようか、気を他にむけようかと思ってい
たけど、生かせばいいんですね!」

②とても過敏なおこさん
まあ参加とやりとりはできていますが制服きない、ごはんを
みんなとは絶対に食べない等々なかなかかなり生きにくさ
を持っています。
             ↓
 じっくりとスモールステップで広げる支援をしてくれていまし
たが、もっとステップを刻もうと助言するとはっとされていま
した。
すごく過敏なおこさんなのでこどもに添うということで小さな
歩みになっていましたが、支援の方向性とゴールがあくまで
もみんなと同じになっていたのです。
それで「できないんです。やらないんです。」になってましたが
もっと刻めばやれることはありそうです。

③よく集団に参加できています。しかし…というおこさんが
多い園でした。
幼稚園は集団参加が基盤ですから、基本的にはそれでよ
いのかもしれません。
・参加ができています→でも選択制憾黙です。
・参加ができています→でもまったく園でトイレに行けません。
・参加ができています→でも友達ともめます。
・参加ができています→まったくご飯をたべません。
でも、これはみな生きにくさです。
参加ができているけどこの部分だけが落ちていますという性
質のものではなさそうです。
これらのあらわれが表現しているこどもたちの過敏さや困難
は、場面や状況がちょっと変われば参加のゆれにつながって
きます。今できていること、大事ですが、ちゃんと支援の手を
さしのべてはいきたい。

とてもよくやってくれている園だと思いました。

ただ、保育に乗せる支援から個の特性を支えてよき参加や

生きにくさを改善するという所に行ってほしい気がしました。

よくやってくれているからこそ注文したい。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« うまくいきませんでした。 | トップページ | 早期発見、早期支援を深く見る »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/35768364

この記事へのトラックバック一覧です: もう一声の理解と支援:

« うまくいきませんでした。 | トップページ | 早期発見、早期支援を深く見る »