« 気色ばんでしまいました。 | トップページ | 学校援助専門職集合! »

良書です。

 ふらっと立ち寄った本屋さんで買った良書です。

でたばかりの本ですが、秀逸です。

児童擁護施設でくらす「発達障害」の子どもたち

私には直接、我が社のこどもたちとどう暮らすかというこ

とのヒントになる内容なのですが、養護性の問題・発達障

害という、現場ではもっともホットなトピックを扱った内容は

参考になると思います。

主に事例で展開されています。

・どう事例と向き合うか。

・どう関係と向き合うか。

・どう困難事例と向き合うか。

・ソーシャルワークの方法論。

・困難を抱えたこどもたちとの集団生活のありよう。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 気色ばんでしまいました。 | トップページ | 学校援助専門職集合! »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/35687758

この記事へのトラックバック一覧です: 良書です。:

« 気色ばんでしまいました。 | トップページ | 学校援助専門職集合! »