« 確信 | トップページ | すれ違っているもの »

現場の支援の「発達段階」

 研修というものを提案する場合、おおよそ1ヶ月前には

準備をして、「これでどうでしょう?」とやることにしています。

 ある園の秋の研修の準備をそろそろと思っていたら、先

方から声が掛かりました。

まず、これが珍しいこと。

現場は日々に追われて荒い発注は早く来るのですが、中

身はこちらお任せということ少なくなく、うーんということあ

ります。

とりあえず、「○○先生、呼んでおこう!」という感じです。

これはなかなか複雑です。

伝えたいことが知りたいことでない場合もあり、だからとい

ってニーズをききすぎると「対処」ばっかりを要求されたり…

現場の困り感はこどもに沿っていない、支援風土としては

どうかと思うこともしばしばなのです。

 さらに、今回は具体的な内容の注文と提示がはっきりあ

りました。

うれしいことにまだ涼しい頃に提案した「ストラテジーシート」

を使った支援についてやってほしいとのことです。

行動を理解してという視点は支援の道具立てとしては必須

で、みなさんの道具箱には入れておきたい物です。

正露丸みたいに(笑)

まあ、ただ保育現場への浸透普及はまだまだ早いと思って

いた所をこのご注文です。やるじゃねえか。

お盆休みの間の勤務でやる気なしだったのが、ちょっとテン

ションあがりました。

・事例を挟んでみんなでストラテジーシートをつけてみる。

・それを共有しながら個別のプランをつくる。

・という個の支援へのアプローチとともにクラス作りについ
て語る。

こんな感じで進めようと思います。

この園、実は地域の中でかなり先進的なとりくみをしている所。

感度がいいのです。

構造化や個への視覚支援がクラス作りに展開しています。

療育施設と軒を連ねて交流的な実践も深めています。

研修のお手伝いいろいろしていますが、発注具合とやり

とりでその現場の「発達段階」わかります。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 確信 | トップページ | すれ違っているもの »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、
ブログ村からおじゃましました。
お盆の季節、のんびりゆっくり過ごしたいですね、ポチ。

投稿: たっちゃん | 2010年8月12日 (木) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/36128003

この記事へのトラックバック一覧です: 現場の支援の「発達段階」:

« 確信 | トップページ | すれ違っているもの »