« 地域特別支援コーディネーター | トップページ | 早期発見をみなおす »

動いちゃっているヒトは止められない

 表題の通りです。

だと思いませんか?

多動をなんとかしようだなんて基本的には無理なのです。

・動き具合をコントロールできるようにする。

・ひとめぐり動いてきて戻ってきたらよしとする。

・動いちゃっててもやることやってあればよしとする。

・あんまり見ていられなかったら自分がおさらばする。

 そして結果的には「こどもの問題じゃなくて大人の問題」

こどもが自分でもどうしようもない状況で苦しんでいて

その基盤が脳の機能的問題という容易ならざるものに

ある以上そう簡単にかわるものではないはず。

大人が変わるべきものだと思うのです。

ただそこに修業に近い視点の転換や立場の変更の必要

がある時があります。

けれども、その修業しようじゃないか。

生涯発達といいますから…

 それからもうひとつ。

「困難事例なんじゃなくてこっちが方法を知らないだけ」

なのではと思うことにしています。

ちっぽけな、無力で、狭量な私が困っていることなんて

絶対どこかの優れた研究者や支援者がチャレンジし、

ヒントは見つかっています。

こどものせいじゃないんです。こっちの問題。

以上最近私が思っている3つでした。

「動いちゃっているヒトは止められない。」

「こどもの問題じゃなくて大人の問題。」

「困難事例なんじゃなくてこっちが方法を知らないだけ」

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 地域特別支援コーディネーター | トップページ | 早期発見をみなおす »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/36667885

この記事へのトラックバック一覧です: 動いちゃっているヒトは止められない:

« 地域特別支援コーディネーター | トップページ | 早期発見をみなおす »