« 父親の特性理解、障害受容 | トップページ | 教材教具論① »

かわいくてねえ

 療育教室利用児のAちゃん。発達障害サスペクト児です。
マイペースですが、ヒトは嫌いじゃあありません。
でも、マイペース、一方だし。

朝の会でのこと。
いろんな方法で出欠をとっています。
(この色々がポイントで理解が確認できます。)
「お名前はなんですか?」で名前を述べてもらう方法もや
っています。

このAちゃん、尋ねられると明らかにふざけて
「ゴモラです。(ウルトラマンの怪獣)」とこたえます。
まあ3回に1回ぐらいでしょうか。
一喝され100%やり直しを食らうのですが、私は(たぶんA
ちゃんも)このくだりが好きで面白くてたまらないのです。
だってゴモラですよ。
意図が通じない、こたえられないのならまだしも、問われて
いることがわかっていて平気でふざけて「ゴモラです。」
ゴモラの語感も面白いのですが、おふざけを共有できる、
明らかに試されている感じもたまらないのです。
まあ、難しいこといえばユーモアを解する、おふざけで共感
できるこのAちゃんの育ちはたいした力でこの個のもつ資源
なのですが、大事なお名前尋ねられて「ゴモラです」はなかろ
う…

面白いです。
かわいいねえ。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 父親の特性理解、障害受容 | トップページ | 教材教具論① »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/37050011

この記事へのトラックバック一覧です: かわいくてねえ:

« 父親の特性理解、障害受容 | トップページ | 教材教具論① »