« さすがの担任にさらに発注したこと | トップページ | こんばんは〜 »

学籍をかえるということ

 あるおこさん。
一年生は通常の学級でというチャレンジで入学しました。
けれども、やはり難しく移行に向かって準備していこうと
学校と相談しているとのことです。
穏やかなおこさんでみんなの中でまあ居ることはできて
います。学習も視覚的な類推、カタログ的な理解をもとに
行うものはやれています。
そうは言っても言語的な内容理解表出は難しく、本質的な
参加もできているとは言えません。

おうちの方とお話ししました。
学校に学籍の移動は仕方ないと思うが、学習の保障と集
団参加の保障をしてくださいと言ってきたのだとのこと。
まったくその通りなので支持しました。

というのも、学籍の移動はどうも通常の学級でやるのが難
しいから籍を代えてという文脈で語られたようなのですが、
それは違うのです。
学級を代えた方がその個の学びの保障になるから学校は
提案するのというのが本筋です。
残念ながらこの子の今の担任、日々の中でのちょっとした
配慮もなかなかできにくく、家族のお願いもできないできな
いばかりです。あげくのはての難しいから学籍移動をという
言い回しで御家族は怒り心頭でした。

そんな感じの提案ですから、この学校学籍を移した後も学
校の事情と都合で色々なことを進めていく可能性はありま
す。
だからこそ、「学習と参加の保障を」と本質論を家族の希望
で訴え続けていく必要性はありそうです。
そうしないと学校の都合がやれないから交流できませんに
してしまう。交流ができるように全体を整えるべきなのに。

「腹が立つけど、この子のための言うのなら…」
大人のケンカに問題をすり替えないこの御家族に頭が下が
りました。
きっと、この親御さんだけでなく本人も強いジレンマがあるは
ずです。がんばりたいけどがんばれない。みんなと居たいけ
どわからない。

特別支援教育がはじまっても何も解消されていないのです。
「みんなと」、「個に沿った」の両面保障はされていない。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« さすがの担任にさらに発注したこと | トップページ | こんばんは〜 »

学齢期の支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/37268285

この記事へのトラックバック一覧です: 学籍をかえるということ:

« さすがの担任にさらに発注したこと | トップページ | こんばんは〜 »