« リスクマネジメントとリソース探し | トップページ | ヒトの役に立つ人間になれ »

会議を上手に

 日本人は会議が下手といいます。
以前からそのことを意識しています。

問題はただなんとなく集まって話をしてしまうということなのだ
と思っています。
いろんな場合分けの会議会合があるのに、一通りの方法論
で迫ってしまおうとする。それが失敗のもと。

私が思っていること、実践していることです。

「話し合いの意味と方向性を明確に」
 
話し合いの概念規定や見通しをを明確に制限してからはじ
める。何をするためのもので、どうやって、ゴールはどこでを明
確にしてミスマッチが起こらないようにする。

「会議は決定の場である。」
 対応の方法や共通理解、問題解決の方法を決める場。
みんなが集まるからといってそこでなんでも済まそうとしない。

だから…
・会議で物を考えない。
 議題や議論はあらかじめ提示され、考えを持って場に臨む。
または担当者はたたき台や自分なりのゴールを持って臨み、
その是非を検討してもらう。
「みんなに考えてもらう」なんてことはしない。

・対話と会議は違う。
 会議で対話はしない。対話は会議以外の場で持つ。

・会議で説諭や説教、精神論は語らない。
 
上席になるほど注意。
特に会議冒頭でやってしまうと会議のモチベーションが下がる。
やらなければならないのならまとめとして簡単に。

・総論を語る場は会議ではない。

・会議優先主義を廃する。
 「考えてから実行、決定があってから実行」以外の、
担当者による試行錯誤や先行実施を大事にする。
もちろん、モニタリングやフィードバックは丁寧に。


 

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

 
 

|

« リスクマネジメントとリソース探し | トップページ | ヒトの役に立つ人間になれ »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/39382799

この記事へのトラックバック一覧です: 会議を上手に:

« リスクマネジメントとリソース探し | トップページ | ヒトの役に立つ人間になれ »