« ヒトの役に立つ人間になれ | トップページ | 夢が叶うまでやれる力 »

夢は叶わないことがある。

 前の記事を書きながら…です。

「夢はあきらめなければなければ叶う!」とよく言います。
それだけじゃ発達支援的にはよくありません。

「万能感」と「自己中心性」は幼児の特性です。
そこから現実の壁にぶつかりながら、「人生思うにまかせぬ事
ばかり」というのを知っていく。
そのことを知ることは耐えられないかもしれない。
気持ちは乱れる。
だから、その気持ちの調律は大人といっしょに行うことによって
昇華されていく。

充足されない欲求以外の次の欲求、別の欲求を目指すことを
知る。
欲求を感じる主体として、欲求を実現する主体として「自己」を
知る。

「自己」を知るためには「他者」が必要で、
よき「自己」を得るためには「他者」が必要で、
いつのまにやら「自己」の追求は「他者」とのつながりとクロス
オーバーしていく。

孤独な個人の「夢」に生きないでほしい。
夢はいつも叶うとは限らない。
人生あきらめが肝腎ってことばがある。
それは、「生きる」ということそのものが目的だから、その方向を
「夢」というひとつの欲求の充足や生き方で追いつめすぎないで
ほしい。

「夢はいつも叶うとは限らない。」
いいじゃん、他にもあなたが生きる道はある。
あなたそのものがこの世の中にあることが意味です。
そんな子育てをしたいと思っています。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« ヒトの役に立つ人間になれ | トップページ | 夢が叶うまでやれる力 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/39416382

この記事へのトラックバック一覧です: 夢は叶わないことがある。:

« ヒトの役に立つ人間になれ | トップページ | 夢が叶うまでやれる力 »