« ここが大事な育ち | トップページ | 「きみで良い」 »

待つことから再開

 1ヶ月ぶりの更新になってしまいました。
こんなに間が空いたのははじめてです。
けれども、何にもありませんでした。(笑)すいません。
ただ、いろんな思いだけが交錯して発信したい気持ちやまとめ
る意欲がまるで失せてしまっていました。

わたし、待ちました。自分を待ちました。

待つこと、最近の私のテーマになっています。
せっかちで、「早いが華!」の私。自分の投げた玉に自分で飛び
つくような所もあります。
支援についても似たようなもので、早めの展開・工夫・再アセスメ
ントをします。これは効果があります。
魚釣りはせっかちなヒト向きといいます。工夫するから…
早いこと、急ぐこと、せっかちなことを否定はしません。

でも、思ったのです。他にももっと武器がほしいと…
止まる・待つ・見る・経過でとらえる。
これら、あってもいい。
相手に任せる。状況に任せる。
これもあってもいい。
私の中の品揃え、もう少し増やしたい。

・次年度忙しくなりそうです。
いつもなら策を練ります。でも、今はじっと待つ。成り行き任せ。

・次年度準備をすると、今年度の姿が見えてきます。
びっくりする程いろんな所でいろんなことをしていた私。
このことを褒めずして来年どうしよう、次をどうしようなんてこと
に腐心してはいけない。
自分が自分を認められないと、ヒトに何をいわれてもダメなの
です。

・発達を立体的にみる。
発達は右肩あがりでも、凸凹しながらあがっていくだけでもない。
螺旋構造であがっていくという宇佐川浩先生の理論を思い出し
ました。
下がっているが、次の急上昇のための力を蓄えている。
今は横に力を伸ばしている。
バネのような螺旋構造をイメージするとみえるものがあります。
自分の姿や仕事に仕方に投影しています。

・包括的にいく
先日、一年のまとめみたいな研修講師をしました。
ずいぶんわかっていただいた講評をいただいてちょっと感激。
*発達障害も、愛着の障害も、ストレス性の困難も「関係性の
困難」ととらえて支援していきたい。
*それを支える「関係性」とその発達の理解。
*参加というステップの拡大としてのユニバーサルデザイン、
インクルーシブ。

ここ2年ほど、走り続けてきました。
ここからは「大きく、ゆったりとじっくり待って」

気持ちが定まったようです。

「待った」甲斐がありました。
発信、再開できそうです。
Startinng Over!

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« ここが大事な育ち | トップページ | 「きみで良い」 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/39110821

この記事へのトラックバック一覧です: 待つことから再開:

« ここが大事な育ち | トップページ | 「きみで良い」 »