« 夢が叶うまでやれる力 | トップページ | 私の生育歴 »

お説教じゃなくて…

 この頃、気づいたこと。
「お説教じゃヒトは動かない。」

注意喚起したりしているつもりでも批判や避難だけじゃヒトは
動かない。
それって御説教しているヒトの自己満足でしかない。
ことばじゃなくてヒトが動き出す手だてを作り出さなきゃダメだと
思うのです。

御説教って実は何の世話も焼いていないのです。
ぐずぐず言って改善は相手任せなのです。
そうじゃなくて、具体的な方法やシステムを考え出すのが親切。

とにかく動きだそう。
チームやスタッフが動き出せるような環境を整えよう。
文句じゃなくて評価。
文句じゃなくて提案。
やってほしければ任せよう。
やってほしければ自分が動こう。
プレイングマネジャーとしてはこういうことなのだろうなと思います。

 こどもたちの食堂がちょっとどういうこと?ってぐらい汚れてい
ました。「こら、掃除しろ!」というのは簡単。
「あ、待てよ。きれいな状態がどんなか見せてなかった。」
「待てよ、最近この子たちの世話焼いてなかった。」
同じ景色をみて、怒るよりも掃除をはじめた若いスタッフとともに
掃除してみました。
「やってほしいことは一緒にやらなきゃ。」
共同共感ってそういうことだった。

「とにかく一緒に。」
「刺激としてのことばを削る。」
「怒りのコントロールをする。」
「行動問題は無視し、よき所をほめる。」
「とにかく相手を許容する。」
「支援を支える、あたたかい言葉を用意する。」
昨年度の中で私が発見したいろいろです。
よく考えたらだいたい、枕に「御説教じゃなくて、」がつけられそう。

今日から新年度。
こんな感じでスタートです。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 夢が叶うまでやれる力 | トップページ | 私の生育歴 »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/39443119

この記事へのトラックバック一覧です: お説教じゃなくて…:

« 夢が叶うまでやれる力 | トップページ | 私の生育歴 »