« すてきな視点 | トップページ | 就学指導のこと »

情緒障害児学級と愛着障害

 ある街の就学指導に出ていて思ったのです。
愛着障害の支援に情緒学級というのはありなのかもしれない。

気を付けないと、家庭からの分離がゴールと勘違いしてしまう
愛着障害への支援です。
分離が幸せを生むとは限らないし、環境の調整や地域の力を
導入することで好転することもある。
地域福祉という考え方。危ういかも知れないが、地域の力を寄
せ集めて支えていく。もちろん、さじ加減は難しいですが。
また、現実的に分離をする資源は手一杯です。

そんな中、地域でいきるこどもたちの安全な愛着を支えるため
に学籍の移動で対応するというのはありうることかもしれません。

ただ、難しいことがあります。
自閉症・情緒障害児学級なのです。
今現在、高機能群の居場所として拡大しているこの学級。
高機能群と愛着障害のこどもが同席することは容易ならざること
であるのは想像に難くない。

ひょっとしたら将来的には自閉症学級と情緒障害児学級は明確
に分離すべきかもしれません。
そんなことが必要なほどケースが増えないことをただ祈るのみ。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« すてきな視点 | トップページ | 就学指導のこと »

学齢期の支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/40350178

この記事へのトラックバック一覧です: 情緒障害児学級と愛着障害:

« すてきな視点 | トップページ | 就学指導のこと »