« 就学指導のこと | トップページ | 子育て支援センターの難しさ »

子育て支援センターの役割

 世の中に子育て支援センターというものができて少し時間が
たちました。
保育園などに付置されたり、つどいの運営をしたりと形態や事
業は様々でいまでもあり方については議論がたえません。
「いったい何が子育て支援になるのか?」
「母親の力をうばうだけではないのか?」
難しいところです。

先日、ちょっとシステムつくりの話をしていて気づいたのですが
最近子育て支援センターの動きや役割や使い方が変わってきた
のかもしれません。

健診フォローの相談の中で、子育て支援センターの利用をお
勧めすることが多くなってきました。
気になる子や難しい育児を直接支える機関として保健が運営
する療育教室や保育サービスがこれまで支援の場としてはあ
りました。
しかし、そこに届きにくい母子というのもいます。
そんな場合には子育て支援センターは有効ではないかと思っ
ています。

①場がある。
 「ヒトがいて、活動や行為があふれる場がある。」このことは関
係性の課題や子育てが苦しいヒト、時期には支えになります。
そして、この場が生み出すものは本当に大きいのです。
こどもも親も発散をし、関わりや遊びが広がっていく。
自由度もあり、設定度や介入も参加もある。
このことの効果性は小さくないように思います。

②支援者がいる。
 保育士などの専門職が配置されていることが多いです。
相談の場にもなりますし、こどもを半分は預かり管理見守って
くれるというだけでお母さんの負荷は減るようです。

このふたつが子育てを支えてくれることは大きいのです。
とにかく「ヒトと関係の中で子育てしてほしい。」「孤独で苦しい
育児をしないでほしい。」
私は思います。
そんな時、子育て支援センターの包容力の強さは支えになると
思っています。

従事するみなさんが、「子育て支援ってなんじゃらほい???」
と毎日毎日悩んでいることを知りながらも。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 就学指導のこと | トップページ | 子育て支援センターの難しさ »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
偶然こちらをみつけました。

発達障害サクペクト児の年少の息子がいます。
早期療育のおかげで、かなり伸びました。
今は普通に会話しています。

このブログ、
色々と参考になることが書いてあり、嬉しいです。
ありがとうございました。

子育て支援センターに関連する話題で、
私の経験をひとつ。

息子は0歳児から保育園に通っていました。
1歳児の頃、息子の発達について保育園の先生に聞いてみたことがありました。答えは「私は医者ではないからよく分かりません」でした。発達のことについて聞かれたらそのように答えるようにと園長から言われているのかもしれませんが。この瞬間、保育園の先生は頼りにはならないんだ・自分でなんとか手立てをしなければという思いを強くしました。保育園に通っていても、保育士は母親の心強い味方ではないんだなあと思いましたね。

先生は、自治体で療育を担当されているのですね。
先生のようなスキルがある方が療育を担当するなんて
本当に羨ましいです。
私が住んでいる自治体では、療育センターは民間委託されていて、スキルが高い先生がいないように思えます。

投稿: そら | 2011年7月 2日 (土) 00時32分

そらさん、コメントありがとうございました。

タイトル「発達が教えてくれること」に思っているのは、「発達」という子育ての基本のきが案外おさえられていないということ…
むしろ専門職といわれる我々に。

そして、発達の基盤となるのは関わりなのだと思います。

投稿: けやき堂 | 2011年7月 5日 (火) 05時13分

保育園の先生は、頼りにならないなんてさびしいですね。
私も保育士です。そして発達障害の子を持つ母でもあります。
「わかりません」とは答えてほしくなかったですね。
なぜなら、1番不安にさせる言葉ですから!
何が心配になっているのか、まずきいて どうしたら
良くなっていくのか一緒に考えて欲しかったですね。
まだしっかり答えれるほどの経験の数がなかったので、安易には答えられなかったのでしょうか。
スキルが、高くないと思うならば、スキルが高くなれるように模索して欲しいです。
そらさん自身が、学んでいって欲しいです。
資格をもっていない方も持っている方も関係なく、今は学べる場が沢山あります。
私は、我が子とまわりのお友達から学ぶことが多いです。
医師でも、保育士でも、色んな人がいます。
また情報も沢山です。色んな人や、多くの情報の中から、
何が必要なのか何が大切なのかをしっかりと見極めていかなければならない母親は、強く賢くなりますね。
どうぞ一緒に考えてくれる人、一緒に学んでいってくれる人や場をたくさんたくさん増やしていってください!


投稿: くん | 2018年8月 3日 (金) 14時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/40428069

この記事へのトラックバック一覧です: 子育て支援センターの役割:

« 就学指導のこと | トップページ | 子育て支援センターの難しさ »