« 「受容」の話 | トップページ | 生活上のあらわれと「処理速度」 »

現場のきらめき

 ある中学校の校内研修に行ってきました。
御題が要保護を含めた特別支援の話です。

現実的でいいテーマだなあと思ってお受けしました。
この学校の問題意識、取り組みがわかるテーマです。

けれども、中学校です。
まだまだの側面もありそうです。
小学校時代のせいにしてないかしら…
基本的な発達障害理解はしているかしら…
ユニバーサルデザイン・インクルーシブ等わかってくれる?
いろいろな思いを抱えていきました。

ところが…
前向きな感想に驚きました。

研修企画に賛同してもらって喜びました。

管理職が恩師だったことがわかり、その恩師が懸命に困難
事例を支えていました。

同級生が二次障害に苦しむこどもに向き合っていました。
そして、もっと勉強したい…こういう個の支援について知りたい
と言ってくれました。
中学校の普通学級の担任です。

うれしかったです。
行ってよかったです。
研修したのは私です。

現場のきらめきに救われました。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 「受容」の話 | トップページ | 生活上のあらわれと「処理速度」 »

学齢期の支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/41138488

この記事へのトラックバック一覧です: 現場のきらめき:

« 「受容」の話 | トップページ | 生活上のあらわれと「処理速度」 »