« 特別支援学級から通常の学級へ | トップページ | 過渡期にある「特別支援学校のセンター的機能」 »

特別支援学級から通常の学級へ②

 続きです。

 様子が変わって、判断が変わることはよきことです。
でも、よく考えてみればクラス集団か個別的小集団かという学
びしかほぼ選べない現状に限界があるのは事実です。

・発達障害というこどもたちの存在の理解と特別支援教育とい
う概念の広がりと創造の中で、クラスに参加できないこどもたち
がすべて学籍の移動の対象ではないという対応が徐々に理解
されてきました。
・通級指導教室の設置と拡大も行われています。
・副籍という試みもあります。

でもでも、集団と個に沿った学びの完全両面保障、自由度と行
き来のある生活の保障はされてはいません。

私は思っています。
インクルーシブの土台はまず、この「集団と個に沿った学びの完
全両面保障、自由度と行き来のある生活の保障」だと。
みんなと居ることとまったく同時同量に、個の発達・特性にあった
学びが保障され、選択肢もある。
そうそう大事なことは「選択できる」ということなのでしょう。

まだ課題はあります。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 特別支援学級から通常の学級へ | トップページ | 過渡期にある「特別支援学校のセンター的機能」 »

学齢期の支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/42224759

この記事へのトラックバック一覧です: 特別支援学級から通常の学級へ②:

« 特別支援学級から通常の学級へ | トップページ | 過渡期にある「特別支援学校のセンター的機能」 »