« 二次障害の就学指導 | トップページ | 特別支援学級から通常の学級へ② »

特別支援学級から通常の学級へ

 前回と関連しています。

 就学指導の審議で「特別支援学級」の判断から「通常の学級」
へと判断が変わったケースがありました。

知的障害やカナータイプの場合は、長じても学籍を集団の学び
にということは容易ではありませんが、発達障害が主訴の場合
はこうした判断がみられるようになってきました。
一時は集団参加が難しく、小集団での生活で学びを保障する必
要があったおこさんが、成長とともにその困難が軽減されてきて
再統合できるというケースです。
そこには困難となるような強い特性が軽減・コントロールされるこ
とと知的な学びの遅れが少ないことが必要になってきます。

 今回、「凄い」と思ったことがあります。
これまではアスペルガータイプのおこさんが中学生になって進学
が視野に入ってくる頃、通常学級へという審議になり、学習の保障
はわかるけど居場所の保障やパニック時の避難場所は大丈夫?
という議論をしながら学籍の変更をする判断が多かったのです。

今回は過敏で登校が難しかったおこさんが小学生の間に劇的に
改善されてクラスに戻っていったのです。
これは本当に凄いこと。
実は私このおこさん知っていますが、学校以外に関係を支え、存
在が認められる場があって、そのおかげで毎年毎年ぐんぐん変わ
っていったのです。
大事なことを教えられたケースです。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 二次障害の就学指導 | トップページ | 特別支援学級から通常の学級へ② »

学齢期の支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/42224548

この記事へのトラックバック一覧です: 特別支援学級から通常の学級へ:

« 二次障害の就学指導 | トップページ | 特別支援学級から通常の学級へ② »