« つながってくると見えてくるもの | トップページ | 要保護児童対策に子育て状況をみる »

こどものことはどこでやるのか?

 障害福祉のこどもの部分は自立支援法から児童福祉法に
うつされます。
そして、都道府県が行っていた役割も市町村に降りてきます。
今、関係市町村ではこどものことどこでやるのか?ということ
で持ち切りです。

障害とはいいにくい側面もある発達障害も含んでどう対応して
いくかということです。
福祉では障害が確定している方のサービス支給などを行って
いますが、現実面ではこども部分に関わる場面は多くありませ
ん。現行、児童課は障害性の支援サービスは網羅していません。
児童課・福祉課というような行政支援の枠組みと支援が必要な
ヒトが欲しいサービスとのミスマッチが大きくなっています。
いち早く「こども」担当課を設置した所はちょっとはまってきてい
ます。
育ちの多様性は支援システムを変えそうです。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« つながってくると見えてくるもの | トップページ | 要保護児童対策に子育て状況をみる »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/42926900

この記事へのトラックバック一覧です: こどものことはどこでやるのか?:

« つながってくると見えてくるもの | トップページ | 要保護児童対策に子育て状況をみる »