« 5歳児健診・5歳児相談 | トップページ | つながってくると見えてくるもの »

巡回相談とは何か?

 「巡回相談とは何か?」を今更ながら考えています。
いろんな現場でいろんなことがありまして(笑)

コンサルテーションというのは外せないのだろうなと思っていま
す。専門家による専門家による支援です。
時々、御家族とやりとりすることがありますが、園・学校など日
中活動の場で面接をするとぶれる気がします。
昼間どう過ごすか、支えるかを応援しにいく場所で、御家族と
お話しするのは難しい。
面接はスキルだけでなく、環境や構造に強く影響されます。
巡回相談は日中の場をどう支えるかを考えるのが主な役割
なのだろうなと思います。

もうひとつ難しいのが、専門性と専門性が対等でかみ合ってい
るかということ。
最近は減ってきていますが、「丸投げ」のことです。

これは自分の専門性に対する誤解から生まれていると思ってい
ます。勝手に限界設定をして相手にお任せしてしまう。
ですから、
・手伝い過ぎない。
・お手伝いの質を考える。
・実践を支持する提案をする。
ということ気を付けています。
まあ、それにどんなことでも「誰かにやってもらおう。」なんて場面
には「違うよ。」「甘たれんな。」を伝えなければなりません。

啓蒙啓発というのは、「支援はあなたがこの現場でやるんだよ。」
を伝えることではないかとさえ思っています。
「あなたがやるんだよ。」を伝える。

そんな訳で巡回相談員に求められるスキルの本質とは、支援技
術や知識理解よりも、相手の支援者の支援をコーディネイトする
力なのかなと思っています。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 5歳児健診・5歳児相談 | トップページ | つながってくると見えてくるもの »

学齢期の支援」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントを書かせていただきます。今年度から特別支援教育関係での保護者相談や巡回相談を行う立場になったものです。コンサルテーションに行くと「お任せ、丸投げ、人任せ」はよくあります。話し合いの場の作り方や事前の資料の作り方の工夫で、お互いが一緒に考えるような取り組みにしたいと考えていますがなかなか…難しいです。コンサルタントとしての専門性を磨かなくてはと思っています。ブログ参考にさせていただきます。

投稿: zario | 2011年11月 8日 (火) 06時08分

zarioさん、ありがとうございます。
おそくなってごめんなさい。

相手の心理心情状況が依存型になるのは構造上仕方ない所がありますね。
だからこそ、コンサルタントがスキルアップしたり、矜持を守ることって大切だと思います。

何でもやってあげると感謝されます。
そこでうれしくなっちゃう→安請け合い→時には首が回らなくなるという専門的危機もあります。
一方、選り好みしないでひき受けていくとフィールドが広がり専門性は高まり、拡大します。
このあたりのさじ加減が微妙ですね。

ただ、コンサルタントは孤独。
そのことと闘いながらチャレンジする難しさありますね。

投稿: けやき堂 | 2011年11月11日 (金) 05時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/42805077

この記事へのトラックバック一覧です: 巡回相談とは何か?:

« 5歳児健診・5歳児相談 | トップページ | つながってくると見えてくるもの »