« 巡回相談の機能分析 | トップページ | 注意してだめならほめる »

「待って」と言っていけないか

 こどもに「待って」といいたくないよね、要求や願いにはすぐ
こたえたいよねという支援者の思いがあります。

要求の表出が得意でなかったり、ことば少ないこどもたちが
やっと出してくれた発信にすぐにこたえたい。
このこと自体は間違っていないのだと思います。

でも、それだけじゃないのだと思うのです。

状況に関係なく、相手の都合に関係なく願いだけを訴えるとい
う不器用さをもったこどもたちもいます。
愛着ベース、表出ベースで考えれば、すぐに答えることは大事。
でも、こうした不器用さが基盤になっている時には、要求の実現
にちょっと間合いが必要なのは確かなのでしょう。

ただ、大事なこと。
「待って」を堂々といえるためには、きちんと与えているという蓄
積が大事。
「待った甲斐がある」経験の蓄積が必要。

子育てはこどもに何事かを与えるものだと思うのです。
それがあってのコントロール。
何事かというのは甘美な関係なのでしょうが。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 巡回相談の機能分析 | トップページ | 注意してだめならほめる »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

「甘美な関係」という言葉の使い方以前にもされていたかと記憶していますが、結構こういう言葉の使い方は私は好きです。
 基本的にはこの関係は母親との間に形成されるものでしょうから、私たちの「子どもの発達を支える側」という立場としては「待ってね」はアリだと考えてつきあっています。ただし、障害の重い微細な発信の子にはやはり即時に対応することが原則だと経験的にも思っております。
 愛着ベースとはいっても、母との関係なわけですから、一概に「ここまで」と言えるものでもないでしょうし、「即対応」と「待ってね」に対応する子どもの発達は微妙に進行していくものなのでしょうね。
 おっしゃるとおり「待ってねが必要」となるとそれだけが独り歩きする最近のこの業界…そのためには「与えられている」という満足感が本人にもある必要があるということを忘れてはイカンと思います。勉強になります。ありがとうございます。

投稿: 923 | 2011年12月 9日 (金) 10時14分

923さん、いつもすいません。

愛着を「甘美」と表現する。
確か、杉山登志郎先生や玉井邦夫先生だったと思います。まさに言い得て妙なので私も使わせてもらっています。
この「甘美さ」が他者への信頼関係、ひいては自己肯定感につながる大切な味わいだと思っています。

それから、コメント拝見していて、最近、私は「愛着」という言葉を比較的普遍的な大人こどもの初期関係として用いていることに気づきました。本質的ではありませんが、必ずしもこの関係の形成が親子関でうまくいっておらず、まわりの大人とでも形成していくことの大切さを思うと、信頼関係やラポートではなく「愛着」といういいまわしで使っています。

投稿: けやき堂 | 2011年12月 9日 (金) 11時50分

私が個別にかかわっている生徒で、指導の目標を「①パソコンのキーボードの使い方がわかる(将来の自分の気持ちや要求を文字につなげる為)」「②少しの時間一人で待つことができる」にしている中学1年生のお子さんがいます。知的障害を伴う自閉症のお子さんで情緒の安定が大きな課題になっているのですが、中学生にもなると学校教育の折り返し(18歳までと考えて)。家庭、学校等での本人の困り感だけでなく、保護者、支援者の視点で必要なことが出てきます。その一つが「ちょっとまっててね」で待てるようになることです。この保護者は中学生になってからこの「待つ」視点に気が付きました。
年齢が小さいうちから少しずつ「待つこと」がしっかりとした支援者との関係で培われていくことが大切だなって思っています。

投稿: zario | 2011年12月11日 (日) 05時34分

zarioさん、ありがとうございます。

 コメント拝見して思ったのは「待つ」ということって大人の側から語られることが多いということ。
「待つ」ことのこどもにとっての意味の吟味をしないといけませんね。

そういう点でいうと「待たせる」ことのタブーが叫ばれる反面、「待つ」という適応やスキルとしての意味が語られないのはなぜだろうと思っています。

なぜだろう。
「待つ」の受動性にヒントがあるのかもしれません。

投稿: けやき堂 | 2011年12月11日 (日) 05時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/43276635

この記事へのトラックバック一覧です: 「待って」と言っていけないか:

« 巡回相談の機能分析 | トップページ | 注意してだめならほめる »