« 「待って」と言っていけないか | トップページ | 嫌われちゃだめだと思う。 »

注意してだめならほめる

 巡回相談のまとめをしていました。
プロフィールをみると、いろいろ対応してもうまくいかない旨が
書いてあります。

ここで応用行動分析的視点を思い出したいなあと思うのです。
行動問題の分析的対応
そして、ほめて、よき行動を身につけるということ。
問題行動をなくすのではなく。

ということは「注意してだめならほめる」ということではないでしょ
うか?
「~がだめ」なんじゃなくて、「どうしたらいい。」を提案。
だめな時注意でなく、いい時にそれそれと褒める。

ただこれ、「言うは易く行うは難し」です。
こんな180度ふるまいを大人はかえられない。

そう思うと、支援というのは大人の修業ですよね。
私は最近思っています。

それから支援には手だてを探すのと視点をかえるのと両方必
要です。
足すだけじゃなく、あるものの見方をかえる。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 「待って」と言っていけないか | トップページ | 嫌われちゃだめだと思う。 »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/43313010

この記事へのトラックバック一覧です: 注意してだめならほめる:

« 「待って」と言っていけないか | トップページ | 嫌われちゃだめだと思う。 »