« 「不安」を巡って | トップページ | 「転ばぬ先の…」だけじゃない。 »

援助を保障する支援ができないものか。

 ちょっと思ったのです。
こどもに援助を保障する支援をしたいなあと。

「ここで助けてあげるからやってみな。」
「こまったらおいで。」
「これがわかるように、こうしておいたよ。」

これはそのまま関係の保障になるはず。
そして、保障しちゃう以上、自分が怠けないための楔にちょっと
はなるはず。

どうでしょうか。

※ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 「不安」を巡って | トップページ | 「転ばぬ先の…」だけじゃない。 »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

援助の保障って、安心感ってことですかね~。
子どもが見守られながら自分の力を発揮できるようにする。大事なことですよね。
その保障、安心感は何かができるようになるための「手立て」とも考えることができますかね。
一人一人の子どもに見合った手立てを大切にしていきたいです。

投稿: zario | 2011年12月14日 (水) 05時46分

そうそう言ってみれば安心感です。
でも、安心感と言ってしまうとあいまいで具体性を欠いてしまう気がします。
行為で語りたい。
そうしたら「援助を保障すること」になりました。

zario様

投稿: けやき堂 | 2011年12月14日 (水) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/43337138

この記事へのトラックバック一覧です: 援助を保障する支援ができないものか。:

« 「不安」を巡って | トップページ | 「転ばぬ先の…」だけじゃない。 »