« 専門家まかせ | トップページ | みんな苦しい »

チックと子育て

 あるお母さんから相談を受けました。
お子さんのチックのことで。

忙しい仕事のこと、個をめぐる関係性のこと、なんだかチック
をみているといろいろな思いがあるようで涙を浮かべていました。
ちょっと御自身を責めているようでした。

大事なこと…
チックの起こってしまうのは単純に子育て状況だけが原因では
ないはずです。
チックが起こりやすいその個の性格特性や発達状況がまず、あ
りそうです。
不安が強くて、大人しくて、表出も弱くて…
同じ環境にあってもチックになる個とそうでない個はいます。
新年度、環境がかわって今は皆とてもたいへんな時期。
あるタイプにとっては本当にたいへんな時期。

チックこそ家族が責められやすい。自責も起こりやすい。
みていて切ないのは確かですから。

このお母さん、ちょっとだけ仕事を調整したそうです。
揺れている時期には関係で保障する。
大事な手だてです。
関わりを意識できるように、行為(遊び・仕事・生活)を通して
共同共感することやできることを手伝ってあげるというコミュニ
ケーションもあるよねという提案をしました。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 専門家まかせ | トップページ | みんな苦しい »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/44834742

この記事へのトラックバック一覧です: チックと子育て:

« 専門家まかせ | トップページ | みんな苦しい »