« 自閉性 | トップページ | 解釈しすぎない »

「洞察」

 ふと思い出したのです。
「洞察」ということば。
この言葉にはよく使うニュアンスとは異なった意味があるそう
です。

心理学用語です。ゲシュタルト心理学か何かの。
確か課題に直面した時に経験や過去によらずにあたらしい思
考で解決策などを導き出すこと。
というような意味合いです。

思考の枠組みが変わること、かえることなのでしょう。
意図的にやろうとすることをリフレームというのでしょうか?

これ、大事だと思いませんか?
経験や過去だけによるとパターンが少なすぎて危険。
ヒトはそのことに依存し過ぎてしまうので危険。

過去に頼って離れる。

「洞察」って確かinsight。
見通しというような意味もあったように思います。
ちょっと不思議。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 自閉性 | トップページ | 解釈しすぎない »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/45290704

この記事へのトラックバック一覧です: 「洞察」:

« 自閉性 | トップページ | 解釈しすぎない »