« スーパービジョン論 | トップページ | キャリアとスキルと関係性 »

自己決定と再出発

 親の会へ。
近況をきいて驚いたケースがたくさんありました。
例えば…

・アスペルガータイプ。
不登校引きこもりあり、3浪していたが志望校かえて大学入学。
大学側の受け入れ体制もちょうど始動し登校している。
本人「もっと早くかえればよかった…」
家族「この3年が必要だったんだよ。」

・アスペルガータイプ
不登校引きこもり。中学は行っていない。
この春から専門学校へ。
友人に巻き込まれて参加。一緒にコンビニいったりテニスして。
ほとんど乗ったことのない電車に乗って単独で出掛けたり…

いろいろなことに気づきます。
・自己決定の大切さ
 自分で決めたことだからチャレンジできる。

・タイミングの大切さ
 小さい時は本当にしんどい思いしたようですが、機会が来れ
ばタイミングがあえば再び参加も再始動もできる。

・高機能群の苦しさと持つ力
 彼らのこれまでを思うと胸がふさがるばかりです。
過敏で参加が苦しかった特性。
一方で、知的な力は再出発を支えたのだろうなと感じました。
経験したことなくても知識と動機があれば習得に向かってチャ
レンジはできる。
そう思うと、「小さい時期にどのように」も多様なのでしょう。
苦しさを軽減するための早期支援の重要性の反面、リセット・
再出発の力もあるのだから早期支援に押し込めないのもほんと。

・進路、就労観
 親御さんが、学校の進路観、就労観がかたいとおっしゃって
いました。
別に普通の流れに乗るだけが進路じゃないと気づいたそうです。
その通り。働き方は多様、進学の仕方や資源も多様。

「この子たちのお陰であたしたちはまなざしが広がって豊かに
なったわよねえ。」

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« スーパービジョン論 | トップページ | キャリアとスキルと関係性 »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/45329956

この記事へのトラックバック一覧です: 自己決定と再出発:

« スーパービジョン論 | トップページ | キャリアとスキルと関係性 »