« やったヒトだけがやめることができる | トップページ | サービス等利用計画 »

よく言ってますよね。

 ある会議で、ある組織の代表が言ってました。
「学校は何しているのか?」
「市は何しているのか?」
「専門家にお願いしたい!」
よく聞く言い回しです。

まあなんだか頭にくるなあと思ってきいていました。
・当事者意識がまるでない。
・行政や専門家が問題解決すればいいと思っている。
・次のライフステージの支援の責任だと思っている。
・どこかに何でも問題を解決できる専門家がいると思っている。
・誰かが、何かをしていないから問題が起こっていると思って
いる。

ぜーんぶそんなことないと思います。
ただ、狭いフィールドや現場に縛りつけられているとこういう思
考になるのも仕方ないのだろうと感じます。
そして、こんな風に感じさせてしまう現代の子育て状況や発達
障害等の状態像の難しさ=みえにくさがすべての原因だなと
感じました。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« やったヒトだけがやめることができる | トップページ | サービス等利用計画 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/45991321

この記事へのトラックバック一覧です: よく言ってますよね。:

« やったヒトだけがやめることができる | トップページ | サービス等利用計画 »