« あとはやるだけ | トップページ | 「甘さ」をプレゼントするという手だて »

「人物」

 我が社の職業訓練コースで同室のふたりが大げんかしたの
だそうです。
施設出身でいいたいこともいえず、何かされても言われても自
分の思いを飲み込んでしまう個に対して、家庭に困難を抱え中
学校時代には本人もだいぶ苦労してきた個がどなりつけたの
だと。

「いいたいことは言え!」
「自分の思いを言わないで逃げるのは卑怯だ!」
「それじゃ、自分がかわらない!」
と。

なんと素敵なけんかでしょう。
なんとあたたかい仲間でしょう。
疎外された経験を乗り越え、仲間を思っているあたたかさ。

私は自分の身の回りにこんな人物をみたことがありません。
彼には障害があります。
彼はまだまだ十代の若者です。
けれども、私は自分の身の回りにこんな人物みたことがありま
せん。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« あとはやるだけ | トップページ | 「甘さ」をプレゼントするという手だて »

支援現場の状況を巡って」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/46341941

この記事へのトラックバック一覧です: 「人物」:

« あとはやるだけ | トップページ | 「甘さ」をプレゼントするという手だて »