« 「調節」 | トップページ | 共通した対応、一貫した対応 »

わかってもらう前提

 ちょっとこどもたちにお願いしなければならないことがありま
した。集団の編制についてです。
大人の都合をどう理解してもらうかということです。

どのタイミングでどう説明するか。
何をどのようにわかってもらおうか。
ひょっとしたら交渉です。折り合いをどうつけるか?
妥協案をどのように。
大人の考えていることやわかってほしい状況をどう説明するか?
いろいろ考えたのです。

行事をたっぷりやって、家庭で満足してきた状況の中で、言葉を
尽くして説明し、お願いしました。
わかってくれました。

こどもたちとどのように生活をつくっていくか?
集団をどのようにつくっていくか?
支援は大人が考えるものです。
ただし、そこにこどもの気持ちや状況をどのように反映させてい
くか?
これは本当に考え所。
発達の課題があるからこそ尊重されないことの多いこどもたち
です。
そこに選択や尊重をどう入れていくか。
現実原則をどう示していくか?

これからはこのこと大事なのだろうなと思います。
管理だけじゃ違う。
支援だけじゃ違う。
そのこと。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 「調節」 | トップページ | 共通した対応、一貫した対応 »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/46784904

この記事へのトラックバック一覧です: わかってもらう前提:

« 「調節」 | トップページ | 共通した対応、一貫した対応 »