« 特別支援教育の課題 | トップページ | とても心配なこと… »

みんなと居る意味

先週来、「情動調整」が気になって調べています。

愛着ももとをただせば個体の情動調整方略としての大人への
接近だとうかがったり、情動の共有が注意や目的の共有とい
った共同注意につながっていくことを知ると、ここをみていくこと
は発達障害から愛着障害までを支えるまなざしになるかもしれ
ません。

調べものをしていて仲間関係の役割は「大人との関係では生じ
にくい多様な情緒の発生をうみ、その発達と統制を学ぶ」ことと
ありました。

「大人との関係では生じにくい所での学び」
確かにそこがポイントで意味なんだなあと感じました。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 特別支援教育の課題 | トップページ | とても心配なこと… »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/46594418

この記事へのトラックバック一覧です: みんなと居る意味:

« 特別支援教育の課題 | トップページ | とても心配なこと… »